文章をすんなり読んでもらうためには、レイアウトにいろいろな工夫を凝らすことが重要です。

今回は、“読ませる”レイアウトデザインのポイントをお教えします。

 

 

可読性と視認性を考えたフォント(書体)を選びましょう!

 

 

ポスターやチラシを作るとき、キャッチコピーや本文にはどんなフォントを選べばいいのでしょうか?

選ぶフォントによって印象が大きく変わり、使い方によっては、読みづらくて頭に入ってこないデザインになってしまいます。

 

日本語のフォントには大きく分けてゴシック体と明朝体の2種類

 

ゴシック体は可読性より視認性に優れています。

目に入りやすく、存在感があるので、雑誌などのタイトルや見出しに使われることが多く、
ポスターやチラシのキャッチコピーに使いやすいフォントです。

明朝体は可読性に優れ長い文章に向いています。

小説などでも使われているため、読んでほしい文章に使うとしっくりきます。
雑誌などでは本文に多く使われ、ポスターやチラシではボディーコピー(雑誌などの本文にあたる)に使われています。
ただし、場合によっては全てゴシック体が使われていることもあります。

また、同じゴシック体や明朝体でもそれぞれ太さを変えることで印象が変わります。
つまりは、上手く使い分けるセンスが求められるということです。

 

 

行間と段落のバランスを見極めましょう!

 

長い文章を読ませたいときには、行間を広くしたほうが読みやすくなります。

広すぎても読みづらくなるので、文字サイズの1.5倍から2倍くらいの幅を目安にしましょう。
ただし、フォントの種類、文字サイズ、文字数などによっても最適な行間は変わるので微調整が必要です。

段落に関しては、新しい段落の最初の行のみを字下げする方法があります。
雑誌の本文などは大抵の場合は字下げしますが、ポスターやチラシでは場合によりけりなので
デザインとしてのバランスを見極める必要があります。

 

まとめ

このようにちょっとした工夫をするだけで、グッと読みやすい文章にすることができます。
今回ご紹介したレイアウトデザインの基本はごく一部ですが、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

お見積り・その他、ご相談などお気軽にご連絡ください。