こんにちは、アドップ デザイナーのMです。

日々構成を考え、デザインを考えアイデアをふり絞る毎日ですが、

それに費やす時間はクライアントの案件内容やボリューム、

場合によってはその日の気分にも左右される時があります。

そんな日々の制作作業から少しでも時短・効率化を図ることで

「こんなことが簡単にできたら」「こんな機能があれば?」など思うのは私だけではないでしょう。

 

それにより時間に余裕を持ってデザインを考える時間に費やせたら、

または今日は早く帰ってショッピング?でもいいかもしれません。

「こんなことが簡単にできたら」とすぐ頭に浮かぶのはプラグインですね。

ただプラグインは機能こそは良いのですが高価でなかなか手の出ない人もいるのではないでしょうか。

そこで出てくるのが「スクリプト」というものです。

 

〈スクリプトって何?

簡単にいうと「一連の作業をプログラム化し自動処理するもの」とでも言えばいいですかね。

イラストレーターでもアクションという一連動作を自動化処理するものがありますが、

凡用性は低く「スクリプト」はアクションとプラグインの間ぐらいのものと思えばいいかもしれません。

特にスクリプトに特化したことは、やはり私のように「こんなことが簡単にできたら」

と思うデザイナーやDTPに携わる方が多く作っているということ。

 

「かゆいところに手が届く!」と丁度良く考えられたものが存在し、

しかもフリーで使えるものが多数あります。

プラグインまで高機能ではなくとも、あるとないとで使い方やアイデアによりさまざまで、

作業に数分~数10分かかることがクリック1つでと魔法をかけてくれます。

 

ここではいくつかのスクリプトを簡単にご紹介しますが、

後日それに関連するサイトを「よく使うフリーサイト編」で公開したいと思います。

 

1. メタボール

 

 

複数の円を選択して実行すると、メタボール風に連結する形状を作成します。

実際これと同じものを作ろうとした場合骨が折れますね・・・

 

2. 角を丸くする+

 

 

選択した角を丸めます。標準のフィルタを適用できないような角も丸めます。

単純なようでこれこそかゆいところに手が届くものです。

 

3. 選択アンカーの位置に複製

 

 

選択されているもののうち最前面のものを、その他のものの選択されているアンカーの位置に複製します。

物によりけっこう使ったりします。

 

4. 破線調整(端は半分)

 

 

選択されている破線について、各アンカーの位置に、破線の設定値の最初の部分の真ん中がくるように、設定値を調整します。

気にならない人もいるでしょうが、これも表現する場所により使います。

 

5. ランダム配色(特色・グローバル)

選択した特色・グローバル色設定したオブジェクトをランダムで配色します。

色の変化率は%で指定できます。

地道にやっていたら大変です!

 

6. ランダム配色(プロセス)

選択したオブジェクトをランダムで配色します。

色はCMYKから色幅を個々に%指定できます。

 

まとめ

 

簡単ではありましたがこのような効果をスクリプトですぐに実行できます。

ものによりいつ使う?などの効果もあるでしょうが、アイデアは創造によりさまざま。

ムズムズがスッキリとし、時短につながれば言うことなしだと私は思います。

 

 

お見積り・その他、ご相談などお気軽にご連絡ください。