こんにちは、アドップ デザイナーのA・Yです。

 

前回「季節の配色」をテーマにしたお話をしましたが、
今回はその後編、「秋・冬」アレンジについてです。

※「春・夏」編は配色アレンジ[その2]をご覧ください。

 

秋をイメージさせる色(9月~11月)

日差しがまぶしい夏が終わり、過ごしやすくなる秋がやってきます。
秋と言えば、実りの秋、スポーツの秋、読書の秋、行楽の秋、ハロウィンなどがあります。

秋を連想させる配色は、果物や紅葉などの赤、茶色、ベージュ、黄色、オレンジなど暖色系が中心。
例えば、ハロウィンのカラーはオレンジ・紫・黒・黄色をメインに使用します。

 

 

◎秋の花・植物

コスモス、すすき、彼岸花、キンモクセイ、サザンカ、シクラメン、ヨモギ、

ホトトギス、リンドウ

 

◎秋の行事

運動会、体育祭、月見、敬老の日、栗拾い、紅葉、ハロウィン、

七五三、酉の市、ボジョレヌーヴォ解禁

 

 

 

冬をイメージさせる色(12月~1月)

クリスマスや年末・お正月、年末セール、バーゲンと最も華やかなイベントが集中する冬。

例えば、クリスマスやお正月の配色は赤・緑・金などがよく使われています。

また、一年で一番寒い時期でもあり、澄んだ空気、凍てつく寒さ、
粉雪、雪の結晶などの透明感といった、クールな印象のある青系もハマります。

(※ただし、飲食系のデザインに青は不向きのため注意が必要です)

 

 

◎冬の花・植物

シクラメン、梅、椿、ナンテン、ポインセチア、ボケ、クリスマスローズ

 

◎冬の行事

クリスマス、夏至、大晦日、お正月、福袋、七草がゆ、成人の日

 

冬のカラーは「寒さ」「静けさ」を強調しすぎないように暖色もアクセントでとりいれましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?
季節の配色に悩んだら参考にしてみてください。

季節感のある配色は、それだけでデザインを目新しく見せてくれますよ。
今回で季節編は終わりです。

次回は「配色アレンジ4」になりますのでおたのしみに。

 

 

 

お見積り・その他、ご相談などお気軽にご連絡ください。