「プロセスカラー」と「特色」

印刷で使用する色にはCMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)の
4つの色で構成される「プロセスインク」と
CMYKでは表現できない金色、銀色、蛍光色といった
特殊な色を表現できる「特色インク」の2種類があります。

今回はその特色についてお話しします。

 

「特色」の主な用途

特色とはあらかじめ定められた色(調合済みの色)のことです。

主な用途は雑誌の表紙やポスター、商品パッケージなど
発色の良い色で受け手の目をひきつけたい時や経費の関係上から色の数を抑えたい時、
用紙の色に合わせた色にしたい時(漫画雑誌など)に用いられます。

特色の仕上りの色はあまり印刷条件に影響されにくいので、
一定の色を安定して再現することができます。

看板や企業ロゴ、商品ロゴ、包装紙などに
用いられることも多いのも特徴のひとつです。

 

クライアントと“色”を共有する

 

例えばクライアントから一口に「ここの色を赤っぽくして欲しい」と指示があった場合、
デザイナーは暗い赤か明るく派手な赤か…、どんな色がいいのかわからない時があります。

また、さまざまな“赤”を複数、提案しなければならなかったり、色にも人それぞれのイメージがあるので、
何度もやり取りしてようやく決まるといったことにもなりかねません。

それでは時間と手間がかかってしまいます。
そんな時に「特色」はお互いに効率的に色を決められる存在といって良いでしょう。

 

特色を扱っているメーカーは主にDIC、Pantone、TOYOがあります。

色を指定したいときは各メーカーが発行している色見本帳にあるカラーチップを用いて
広告依頼主(クライアント)と色の共有を行います。

 

 

色選びに迷ったら

デザイナー側にとっても制作上で一から色を考えるのは時間がかかります。
色のバリエーションを出したい時などに特色のパレットを広げて
参考にしながら決めていくのも一つの手だと思います。

 

 

 

お見積り・その他、ご相談などお気軽にご連絡ください。