こんにちは、発 啓示です。

前回、ブランディングに関してお話しさせていただき、今回はパッケージデザインに関してお話しさせていただこうと思います。

 

「パッケージデザイン」の役割とは?

パッケージデザインとは、商品の「外装」です。

そして、パッケージデザインには、商品の宣伝・PR・ブランド認知など様々な役割があります。

そのうえ、多種多様な商品が溢れている中、パッケージデザインは<競合商品との差別化>という重要な役割を担っています。

とはいえ、すべての要素をいれれば、「売れる」商品になるかといえば、そうでもありません。

人において適材適所と言われるように、パッケージデザインにおいても適材適所は適用されます。

 

パッケージデザインを考えるための5つのポイントとは?

 

では、パッケージデザインを考えるにあたって、認識していなくてはいけない点とはなにか。

大きく分けてポイントは以下の5点です。

 

  1. 購入者(ターゲット)の属性

  2. 販売場所

  3. 商品特性

  4. 競合製品

  5. ブランド認知

 

上記の情報などからデザインの方向性を決めていきます。

製品が活躍するフィールドを想像し、製品の持つ個性を引き出し、いかに手に取ってもらうかなど全体のバランスを考えてデザインしていきます。

 

まとめ

パッと購入者の目に留まり、そのもの自体がどんなものなのか理解してもらえ、

競合製品との差別化をして、最終的には手に取ってもらえるものを目指し、デザインしていきます。

また、消費者の目に留まり、継続的に目に触れることによって、ブランドやメーカーの印象(イメージ)付け=ブランディングが確立していきます。

 

 

 

お見積り・その他、ご相談などお気軽にご連絡ください。