こんにちは、デザイナーのKです。

近年、中国人観光客がますます増えていますよね。

街中や店舗でも、中国語を目にする機会が増えていると思います。

自分の店でも中国人向けにPOPを作りたい、でもどうしたらいいかわからないとお困りではありませんか。

ます知っておいてほしいことがあります。

ご存知ですか?

中国語には「繁体字」と「簡体字」という二種類の文字が存在することを。

文字自体のつくりはもちろん、使用地域も異なるので中国語を使った広告をつくる際、覚えておかなければならないポイントのひとつとなります。

今回はそれら2つの文字の違いを簡単にご紹介します!

 

文字の見た目が違う

このように、繁体字は比較的日本語の漢字と見た目は似ているけれど画数が多くてちょっと複雑です。

比べて簡体字は、より簡略化した印象を受けますよね。

私は「簡単なのが簡体字」「繁雑なのが繁体字」と覚えています。

例として、広告や店舗案内などでよく使われるフレーズを見てみましょう。

使用する地域が違う

繁体字は、香港、台湾、マカオなどを中心に使用されており、
簡体字は、中国本土、シンガポールを中心に使用されています。

そのため、どの地域をターゲットにするかで使う文字が変わってきます。
例えば全ての中国人をターゲットにする場合は二つの言語で制作する必要があるので注意しましょう。

 

繁体字、簡体字を理解することが中国語制作の第1歩!

いかがでしたか?

今回は繁体字と簡体字の違いについて簡単にご紹介しました。

最初は戸惑いますが、慣れてくると一見して理解できるようになります。

まずは2つの文字の違いを理解して、中国語制作のマスターをめざしましょう!

 

 

 

お見積り・その他、ご相談などお気軽にご連絡ください。