女性にとって化粧品や生活雑貨は毎日の生活に欠かせないもの。
これ使ってみたい!可愛い♪など、女性が思わず手に取ってしまう化粧品や生活雑貨のパッケージデザインにするために、
まずはパッケージデザインの基本の考えかたをお話します。

特徴でみせるか、イメージでみせるか

売場に店員がいない場合、商品はパッケージを通して伝えることになります。
パッケージデザインで何を訴求するかは、大きく2つに分けられます。

1つは商品の特徴や売り。成分、使いごこち、品質の良さ、効果などのことをいいます。
2つめはイメージ。ブランドイメージ、高級感、オーガニック感、インスタ映えする、などなど。ときめくポイントは人それぞれなので、その商品をどうみせるのかによって選ぶ人が変わってくるのです。

パケ買いという言葉があるように商品そのものではなく、パッケージで判断されてしまうということを忘れてはいけません。

シリーズ展開

今後シリーズ展開をする可能性があるものは、それを踏まえてデザインする必要があります。
共通の部分と、アイテムによって変える部分をどこにするのか、どう変えていくのかを、シリーズ全体で考えてから、個々にデザインしていきます。
売場に陳列したときの統一感やバラエティ感を出せると、より存在感が増し、購入率のアップにもつながります。

 

期間限定のデザイン

 

春や夏、クリスマスシーズン、バレンタインシーズンに期間限定商品を出すことを多くの化粧品ブランドが行っています。
そのシーズンに合わせた普段とは違うデザインやそ、の時にしか買えないアイテムという特別感で、
普段では買わないブランドに対しても購入意欲がわくようなものが店頭に並びます。

ブランドやシリーズで統一されている商品でも、期間限定商品であれば、その時に人気のあるキャラクターとのコラボレーションや、
季節感満載で贈り物にも最適な可愛らしい特別なパッケージなど、デザインで遊ぶことが可能です。

 

 

お見積り・その他、ご相談などお気軽にご連絡ください。