こんにちは、デザイナーのKです。

おもちゃのパッケージやパンフレットなど子供向けのデザインって、カラフルでかわいくて、見ているだけでも楽しいですよね。

実際にどのように作っているか、気になっている方も多いと思います。

今回はそんな子供向けデザイン制作のポイントをご紹介します。

 

1. 個性的なフォントを使ってかわいさを演出!

子供向けデザインでよく使われるフォントの一部をご紹介します。

普通のゴシックや明朝体のフォントではなく、丸みを帯びていたり、少しクセのあるフォントを使います。

また、文字を縁取ったり、ハートや星などの装飾を加えてかわいさを演出する手法も効果的です。

他にも絵本で使われるような手描きの文字もよく合います。

 

2.  子供はカラフルな色使いが大好き!

子供向けの広告をよく見るととてもカラフルですよね。

一般に子供は原色に近い色を、大人は彩度の低い色を好むと言われています。

そのため、子供が見るように作ったデザインは、大人にはカラフルすぎる印象に映るかもしれませんね。

 

 

3.  かわいいイラストで画面をにぎやかに!

 

かわいいイラストを配置するだけでもかなり印象が変わります。

この場合はその題材にあったイラストのタッチを選ぶことが重要です。

本職のイラストレーターに依頼する他に、最近では著作権フリーのイラストも使いやすいものが増えているのでおすすめです。

 

子供の心をつかむのは工夫しだい

いかがでしたか?今回は子供向けデザインを攻略する3つのポイントをご紹介しました。
いつもの制作に、楽しさ、カラフルな色使い、かわいさをプラスして、
キッズの心をつかむデザインを目指しましょう!

 

 

 

お見積り・その他、ご相談などお気軽にご連絡ください。