受賞歴

第56回「宣伝会議賞」協賛企業賞受賞!!

2019年3月1日、雑誌『宣伝会議』誌上にて第56回 宣伝会議賞の協賛企業賞受賞作品が発表され、
アドップのコピーライター 松尾栄二郎がカクイチ様、ハピネット様の2社から受賞しました。

宣伝会議賞は、国内最大規模の公募広告賞。今回の応募総数は51万7329点(中高生部門を除く)、
その中から1次審査を通過した5,555作品(通過率約1.1%)を対象に、協賛企業から直接選ばれるのが協賛企業賞です。

 

そこで今回は、受賞者であるコピーライター 松尾が、作品や今後の抱負について語ります。

 

こんにちは。松尾栄二郎と申します。

会社のホームページに載せていただけるということで、少々緊張しております。1人でも多くの読者の方に「アドップに仕事を頼んでみようかな」と思っていただけるよう、顔に似合わずマジメに語ろうと思います。

しばしお付き合いください。

 

カクイチ様の受賞作品について

 

商品の写真を見た瞬間「なんてカラフルでオシャレなホースだろう!」とワクワクしたことを覚えています。

そして、機能面と心理面、両方のメリットをできる限りシンプルに伝える切り口がよいのかなぁと思いました。

たくさんのダメコピーを書きながら、これはイメージ訴求にした方が伝わる、と判断。

そのうちの手ごたえのあった1本が選ばれました。

このオシャレなホースだからこそハマる表現に仕上げたつもりです。

 

ハピネット様の受賞作品について

 

コピーライターの間では、ダジャレはやや禁じ手のようなところがあります。

正直、出すのをやめようかと迷ったのですが「エンタメに関わる企業だから、ちょっと遊びゴコロがあってもよいのでは?いや、むしろそうしたコピーでいきません!?」という気持ちで応募しました。

このコピーが「世に出たーい!!」と、抑えつけている自分の中から飛び出したような感覚もあります。

 

自分に、喝!!

協賛企業賞をいただいたとはいえ、その他は2次審査どまりだったことを思い出しました。

歓喜の雄叫びは、グランプリを獲ってからにしなくては。キリリッ!(←気を引き締める音)

そんな、さらなる高みをめざすコピーライターがいるアドップ。

さぁ、仕事をお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

読者の方に、一番お伝えしたいこと。

手前みそになってしまいますが、アドップのデザイナー陣、センスがキラッキラです。

みんなで打ち合わせをしていると、最初の時点ではまるで想像もしていなかったおもしろいものができあがります。

そんな、ツワモノデザイナーが勢ぞろいしたアドップ。

そろそろ仕事を依頼してみてもよいのではないでしょうか。

また、身内自慢になってしまいますが、アドップの営業陣も、センスがピッカピカです。

広告だったりSPだったりイベントだったり、あの手この手で、クライアントの業績向上・課題解決のために日々奔走しています。

そんなデキる営業マンがそろい踏みしたアドップ。

もう仕事を依頼するしかないのではないでしょうか。

お問い合わせ、お待ちしております!!