はじめまして。アドップのデザイナーKDです。

皆さんは欧文フォントの基本的な種類をご存知でしょうか?

 

 

欧文フォントは先端にある飾りの有無で、 “セリフ体” “サンセリフ体”に分けられます。

主に《うろこ》のような飾りが有るものを“セリフ体”、
無いものを “サンセリフ体”と言います。

 

“セリフ”とは文字の先端にある装飾のことを指し、“セリフ”があるものを“セリフ体”と呼びます。

 

“セリフ体”の特徴である《うろこ状》の形状は、
古代イタリアの、ノミで石に文字を掘った跡が起源とされています。

 

ここで “セリフ”の種類についてご紹介いたします。

 

 

  • ブラケットセリフ

セリフ部分の造形が三角形(ブラケット)になっているもの。

 

  • ヘアラインセリフ

セリフ部分がヘアライン(細い直線)になっているもの。

 

  • スラブセリフ

セリフが直線で文字のストロークとほぼ同じ幅のもの。

 

“セリフ体”の特徴は、主に和文フォントの明朝体に似ていて、縦横の線幅が異なります。

 

“セリフ体”は大人っぽさ、上品、洗練された印象を出したい場合に使用することが多いです。

 

まとめ

欧文フォントは企業ロゴや食品パッケージなどによく使用され、
私たちの生活面でもよく目にします。

セリフの有無でデザインの雰囲気も大きく印象が変わります。
フォントの種類を詳しく知る事で、デザインの選択幅も広がるかもしれません。

 

 

 


お見積り・その他、ご相談などお気軽にご連絡ください。