こんにちは、アドップ デザイナーのYです。

 

今回は色の三属性についてお話しします。

色の三属性とはズバリ、色相・明度・彩度の3つを指します。
これは基本中の基本なのでデザインに携わる人は、
十分に理解しておく必要があるでしょう。

 

まず1つめは『色相』

色相とは赤・黄・緑・青といった色味のことです。それらが交じり合ったものを中間色といい、
そこでまた色の数が増えていき最終的に色の数は無限に増やすことができます。

細かく目で見て判断でき“視感覚”で表現されたもの、それが色相です。

また例えば、「モノを見た時に空は青で、あの花は黄色い」といったように
単純に色を表現したものを色相といってもいいでしょう。

 

 

2つめは『明度』

色を並べてみて「こちらが明るくて、あちらが暗い」ということがあると思います。
その度合を表したものが明度です。

デザインの上で、例えば文字をハッキリ読ませたい場合は暗い下地に明るい文字を配置します。
これは暗闇の中に明るい光を置くというイメージです。

人間の目は自然と目立つものに目がいくようにできているそうです。
明度が高いというのは白に近くなることで、
明度が低いとなれば黒に近づいていくということになります。

 

 

3つめは『彩度』

彩度は色の鮮やかさのことです。

色の彩度をあげると視覚的には派手な印象を与え、彩度を下げると暗くなり、
地味な印象をあたえることになります。

もちろんどちらが良いとは一概には言えないので、
色の彩度を決めるような場合は全体をみて調整し、適正な色にして仕上げてください。

 

まとめ

色の三属性、いかがだったでしょうか。
三属性を理解して、色をこうして欲しい…等の要望があった時に、
しっかり応えられるようにしておきましょう。
基礎を改めて確認すれば、自分の作品などの精度も高まるはずです。

 

 

 

お見積り・その他、ご相談などお気軽にご連絡ください。