こんにちは。アドップ営業のIです。

紙媒体を制作する際、紙面デザインばかりに気をとられて、
その後の印刷や製本はおろそかになっていませんか?

「どこの印刷会社にお願いすれば良いんだろう?」
「用紙、サイズ、製本加工、難しくて分からない・・・。」

完成後の印刷物を手にした時に、「あれ?思っていたモノと違う・・・」、
なんて経験が一度はあるのではないでしょうか?

今回はそんな悩みを抱える広報担当の皆様に「印刷の簡単な基礎知識その1」をご紹介します!

 

 

Case1「ネット印刷と通常の印刷会社はどっちに頼めば良い?」

 

 

チラシやポスター、パンフレットやカタログを作成する際、
制作会社に印刷まで一括して依頼することも可能ですが、
コスト削減のためにデザインと印刷を分けて発注される企業様が増えています。

そんな時、ネット印刷と通常の印刷会社どちらに頼めば良いのか、迷うことはありませんか?

どちらもメリット、デメリットがあるので制作物に応じた業社選定をする必要があります。
ここではそんな印刷会社選びのポイントを簡単にご紹介します。

 

ネット印刷のメリット

こちらは言わずもがな、費用が安い!ですね。
定型のサイズで、そこまで色にこだわる必要が無いモノや、複雑な加工が無いモノであれば、
まずはネット印刷をオススメします。

 

通常の印刷会社のメリット

定型サイズ外、特殊な用紙を使う、色を重視する、ページ数が多い、特殊加工が入るモノ(箔押し、シルク等)は通常の印刷会社をオススメします。
担当の営業さんとしっかり話しをして、サンプルを確認しながら進められるので、仕上りの品質も担保されます。何か問題が発生した時には、すぐに対応してもらえるので、安心ですよね。

 

Case2「印刷発注するときに専門用語が難しい・・・」

 

 

ネット印刷でも普通の印刷会社でも発注するときには必ずおさえておかなくてはならない項目(用語)があります。
逆に言えばそれさえ分かっていれば、スムーズな発注が可能です。

 

①作成部数

②仕上りサイズ

チラシやポスター等、ペラと呼ばれる1枚ものや、ページ数が多いもの等、様々ありますが、
仕上がった時のサイズをお伝えください。

③ページ数

全体のページ数をお伝えください。
ここで注意しなくてはいけないのが、ページの数え方です。

各ページの下にページ数を記載していることがありますが、表紙やその次の目次にはページ数が入っておらず、
その次から1ページと記載されている事があります。
単純に記載されているページ数を伝えるだけだと、実際のページ数よりも減ってしまうことがあるので、
しっかり表紙を含めた総ページ数を伝えることが大事です。

④色の数

1C、3Cといったワードを聞いたことはありませんか?
1Cは1色、4Cは4色と言った方が分かりやすいかもしれません。

一般的にカラーは4色で構成されています。
(赤、青、黄、黒)文字だけの説明書、要項などは1色印刷が多く、
画像が使われているものの殆どは4色で作られています。

少し専門的なので最初は難しいかもしれませんが、データを作成した会社に確認すれば、
間違うことはないのでご安心ください。

⑤用紙

用紙の種類は膨大で細かくあげればキリがありません。
ここでは最も使われる機会が多い一般紙と呼ばれるコート紙、マット紙、上質紙の3つを紹介します。

画像を使う様な印刷物だとコート紙(光沢有)かマット紙(光沢無)がメジャーです。
平滑性があり発色や再現性も上々です。逆に文字がメインで1Cの印刷物には上質紙が多く用いられます。
上質紙はインクを吸いやすく色が沈むので、画像を使ったデザインの印刷にはご注意ください。

ちなみに上記の「コート紙」、「マット紙」、「上質紙」は総称です。メーカーごとにそれぞれ銘柄があります。
現行の印刷物を他の印刷会社にお願いする際、紙色も同じにしたいといった場合は銘柄を指定して発注することをオススメします。

⑥製本加工

チラシ用のペラであれば必要ありませんが、4ページ以上の印刷物には製本や加工が必要となり、
2折りや中綴じ、無線綴じが基本です。
それぞれ簡単に説明します。

■中綴じ
針金2本(小さい冊子)で綴じる製本です。
強度もあり価格も安いですが、4の倍数ページでないと製本不可。
また、ページ数が多いものは針金が通らない、など制限があるので注意してください。

■無線綴じ
こちらは針金でとめるのではなく糊を使った製本です。
ページ数が多いものや4の倍数ページに当てはまらないモノでも製本可能ですが、
糊で製本しているので強度は中綴じよりも劣ります。それぞれの用途で選んでください!

 

まとめ

「印刷の簡単な基礎知識その1」今回はここまでです。
印刷加工はとても奥が深く、とても全部は説明できません!
これから印刷のことも随時ご紹介しますので、ご参考にしてみてください。

 

 

お見積り・その他、ご相談などお気軽にご連絡ください。